黒山羊ぶろぐ

初心者webライターの戯言です

webライターとして食べていきたければたった1つのスキルを身に付ければ良い

webライターが最低限食べるのに文章力は必要ない

webライターに文章力は必要ありません。必要なのは速度です。文字を書く速度、情報収集をする速度、構成を考える速度、などなど、記事を書き上げるまでにかかる時間を短いものにできる速度が必要となります。もちろん、文章力が全く必要ないというわけではなく、読み物として成り立つ程度の力は必要です。

 

「早く書き上げられたけど、読みづらい」では、誰にも読んでもらうことができず、記事を書いた意味がなくなってしまいます。とはいえ、記事に求められている文章は、小説のそれとは違い、大概がレベルの低いものです。義務教育で習得できる国語力があれば、十分に良質な記事を書き上げることが可能です。

 

むしろ、難しい言葉だったり回りくどい言い回しだったりは、記事の品質を下げる要因となりえます。難読な漢字や読むの大変な文章を好む読者であれば良いですが、多くの方に好まれる記事というのは、読みやすく理解しやすいものなのです。

 

つまりは、義務教育を受けた人であれば誰でも記事を書くことができ、足りなくなるのは速度だということができます。多くの稼ぎを得るためには、それ以外のスキルも必要となりますが、ここでは最低限食べるためのスキルとして速度を挙げます。

 

速度を上げるためにはどうすれば良いか

必要なスキルが速度だと分かったは良いものの、実際に速度を上げるとなると、どうしてもつまずいてしまいます。始めのうちは「絶対に無理だろ」なんて思ってしまうものですが、速度は少しずつ確実に上げることができます。

 

ここで注意しておきたいのは「少しずつ」というポイントです。少しずつ速度を上げるためのスキルが積み重ねられ、ある一定の基準に達すると一気に早くなる、ということを覚えておいてください。

 

それでは、その具体的な方法をご紹介します。なんやかんやもったいぶりましたが、簡単に言えば「記事をばらす」ことです。

 

例えば1,000文字の記事があったとします。タイトルと見出しを付けると、それぞれ200~300文字程度の枠ができあがります。多くのサイトや本などでは、この時点で「1つの枠を1案件と捉えれば簡単でしょう?」などと切り上げてしまいますが、この記事ではこの枠をさらにばらします。

 

ざっくり3等分。1枠100文字程度になります。ここまでばらすと、なんとなく書けそうな気がしてくる方もいると思います。しかし、まだ書き始めてはいけません。このばらした100文字の枠にさらに目的を付けます。「問いかけ・説明・具体例・意見・おすすめ・誘導」などなど、300文字の枠の中に3つ程度の目的を持たせた枠を作るのです。

 

◇◇◇

~例~

タイトル:webライターになる方法

見出し:webライターとは

1:問いかけ

webライターという職業がどういったものか、いまいち分かっていない方も少なくないのではないでしょうか。

2:説明

webライターというのは、ブログやwebサイトなどに掲載する記事を執筆する職業です。

3:具体例

普段目にしているブログやwebサイトの記事は、もしかしたらwebライターによって書かれたものかもしれません。

4:誘導

そんな身近な存在であるwebライターですが、実際にwebライターになるにはどうすれば良いのか、続いて見ていきましょう。

 

記事の目的:webライターになる方法を教えて、最後に設定したリンクでクラウドソーシングサイトへ誘導する

◇◇◇

 

なかなかあれな文章ですが、このように1文1文目的をつけてあげることで、筆がスムーズに進むはずです。1つ注意点を挙げるとすれば、記事自体の目的から外れないことです。常に記事の目的を意識しつつ1文1文の目的に答えていくことで、論旨の通った記事が作れます。

 

ここまでくればなんとなく分かると思いますが、速度を上げるために必要なのは「目的のテンプレパターンを増やすこと」です。例のような目的の並びの他にも様々なパターンを持つことで、1文を書きやすくなり、文章を作る速度は早くなります。

 

記事の途中で言った「一気に早くなる基準」というのは、このテンプレパターンを頭の中で描けるようになったときです。最初はコツコツとパターンを溜め込んでいかなければいけないため、劇的に早くなることはありません。

 

少しずつ少しずつ積み上げて、一気に加速する。これが記事を書く速度を得る方法です。

速度を備えてようやくスタート

疲れたのでここは簡単に。

初心者のうちは、企業から直接依頼を受けることなどまずありません。多くの場合「ランサーズ」や「クラウドワークス」からのスタートになるはずです。しかし、現在のクラウドソーシングサイトにある案件は、多くが文字単価1円未満の低単価案件です。食べていくための稼ぎを得るには速度が重要となります。

 

速度を活かして食べられるだけの稼ぎを得つつ、高単価案件や企業からの直接依頼を得るために、スキルを磨いていく。これがwebライターのスタート位置です。

 

 

 

かくいう筆者は食べるのに必死なんですけどね。

個人がもつ社会的強さをドラクエ1に当てはめてみた

人をドラクエで計る

タイトルにあることをなんとなしに思いついたので記事にしておきます。人を計るなんておこがましいにも程がありますが、温かい目で見てみてください。

 

まず、社会的強さについては地位や名声といったものが挙げられると思いますが、ここでは単に「支払い」に対応できるか、を強さとして考えました。簡単に「支払い」=「モンスター」といった形です。

 

例えば、スライム=缶ジュース、ドラゴン=1,000万円以上の高級車といったように、その支払に対応できるか、モンスターを倒せるかどうかがここで示す社会的強さとなります。事細かに設定するといろいろと面倒なので、ざっくりととらえてもらえればと思います。

 

武器の設定

はじめに、武器から見ていきたいと思います。武器はモンスターを攻撃するアイテムです。支払いに対応できるか、倒せるかが武器の能力です。つまり「武器=年収」と、このように仮定して考えます。以下がその内容です。

 

・素手     :0

・たけざお   :100万円未満

・こんぼう   :100~300万円

・どうのつるぎ :300~500万円

・てつの斧   :500~1000万円

・はがねのつるぎ:1000万円以上

・ほのおのつるぎ:3000万円以上

ロトのつるぎ :1億円以上

 

こうしてみると世の中の多くは「こんぼう」や「どうのつるぎ」を持っていることになります。最初の街や次の街をホームに戦っている、そんな感じです。ドラクエにある道具屋を考えれば、後半の街にある道具屋よりも最初の街にある道具屋の方が儲かるのかもしれません。

 

防具の設定

次は防具について見ていきたいと思います。身を守るための防具に設定したのは「置かれている環境」です。実家暮らしであるとか、恋人がいるとか、パートナーがいるとか、そういった身の回りの状況です。モンスターに対してどうのこうのという性質からは少しずれますが、身を寄せられる、助けてもらえる、といったことをざっくり考えてみました。以下その設定です。

 

・裸      :家なし(ホテル暮らし含む)

・ぬののふく  :1人暮し

・かわのよろい :1人暮らし、恋人有り

・くさりかたびら:実家暮らし

・てつのよろい :実家暮らし、恋人有り

・はがねのよろい:パートナーと暮している

・まほうのよろい:パートナーと子供と暮している

ロトのよろい :パートナーと子供と実家暮らし

 

この設定については、人それぞれ違う部分があると思います。しかし、細かいことは置いといて、ここでは上記の通り設定します。実家やパートナーの強さが影響する部分なので、設定自体の点数が50点くらいとれていれば及第点ではないでしょうか。

 

盾の設定

最後に盾についても設定してみました。盾は攻撃を防ぐものですが、意図的に攻撃を防ぐという点で、壊れる可能性を想定しています。なんとも抽象的ですが、以下その設定です。

 

・かわのたて  :友人

・てつのたて  :親

みかがみのたて不労所得

 

友人については言わずもがな、頼りすぎれば多くの場合壊れてしまう関係です。なかには親友という名の良品もありますが、強敵からの攻撃は防ぎきれないのではないでしょうか。

 

親については難しいところです。人によっては身をていしてでも子供を守るという方もいると思いますが、筆者の感覚でいえば巨額の借金は親子の関係が切れる要素足りえると考えます。

 

不労所得は身を守るための最強のアイテムです。劣化や維持費といった問題があるものもありますが、いくら冷たくしても優しくしても、変わらず身を守ってくれるのがその特徴です。手にすることが叶えば、これほど強力な装備はないのではないでしょうか。

 

まとめ

ここまで社会的地位をドラクエに当てはめて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。「布の服をきてこんぼうを振り回しているだけだった」「全裸で炎のつるぎを振りかざしていた」などなど、自身の強さがどれほどのものなのか分かってもらえたかと思います。

 

書き終えてみて、ほんとくだらねーなと感じている筆者ですが、読んだ方に少しでも楽しめていただけたのなら嬉しく思います。

 

継続の依頼を断る、単価、パンチ

本日、2ヶ月ほど仕事を頂いていたクライアントさんからの継続依頼をお断りさせていただきました。断りの文章を考えるのは難しく心苦しいものなのですね。初めての経験だったので少しだけ心がざわついております。お断りさせて頂いたクライアントさんに幸あらんことを願います。

 

と、お祈りを捧げたところで、今日はクライアントさんの継続依頼を断ったことで感じたあれこれを書きたいと思います。まずはどうして断ることになったのか、といういきさつからご説明します。

 

今回断りの連絡を入れたクライアントさんとは、クラウドワークス内で「仕事をしませんか?」という相談をいただいたところから始まりました。そのときは自身がwebライターになったばかりであり、プロジェクト形式で仕事の相談を受けたのが初めてだったため、小躍りするほど舞い上がって依頼を受けました。

 

1,000文字で文字単価0.5円というその案件は、0.2円や0.3円といった単価で仕事をしていた人間にしてみればとても魅力的なものでした。本来であればしっかりと行わなければならない依頼内容の確認もそこそこに、やりますやらせてくださいメッセージを送信。

 

「これは稼げるぞ」なんて思いながらもろもろの連絡を取り合っていました。クライアントさんは連絡や手続きがスムーズで説明なども丁寧だったので、仕事に対する期待感は上がりっぱなしでした。そしていざレギュレーションを確認すると『すんっ』という音がなったのかと思うくらいに手が止まったのです。

 

ライティング専用の画面で書くということは事前の説明で理解していたのですが、画像の挿入があるという部分については把握していませんでした。依頼内容をしっかりと確認しなかった自分が悪いのは重々分かっていますが「0.5円の文字単価になるとこんなにも作業が大変になるのか」となかなかの衝撃を受けたのです。

 

それでもなんとかなるだろ、という気持ちで作業に取り掛かり1本目を仕上げます。報酬は500円、所要時間6時間。「うそだろ、おい」「小学生のお手伝い報酬にまけてんじゃねーか、おい」という気持ちでいっぱいになりました。

 

さすがにこれはまずいと考え、コツを掴むために5件10件と作業を続けました。最終的には1本2時間で仕上げられるまでになりましたが、そこで頭打ちとなります。ネックとなっていたのは、決して少なくない画像挿入でした。

 

確かに、webライターとして活動していくには、記事に画像を挿入する作業についてもある程度の経験や知識が必要になると思います。しかし文字単価0.5円の仕事ではないなと、ふと思ってしまったのです。

 

それからというもの最初に抱いていた魅力的に思う感情はどこかに消え、クライアントさんの仕事は最低限のノルマをこなす程度になりました。そして本日、継続の依頼があったので、丁重にお断りの連絡を入れさせていただいた次第です。

 

現在は文字単価1円の仕事を多くいただいているため、0.5円の仕事を断ることは当然のことといえます。こちらもボランティアではないので、利益を考えればまさしく当たり前の選択です。しかしながら、最初に受けた相談でありプロジェクトであり経験でありという思い出は、義理や人情なんてものにそこそこのパンチを打ってきました。

 

最後は感謝の気持ちだけ伝えてお断りしましたが、その裏には「単価を上げてくれればやります」というような気持ちもありました。ビジネスだからと割り切ってしまえば、そんなことは考えないと思います。しかし、ちょっとした悲しさを感じることもそれはそれで良いなと感じた、そんな経験でした。

 

とはいえ、やっぱり低すぎる単価はいただけませんね。

webライターの焦り、ナメクジ、天パの毛

webライターとなって数ヶ月が経ちました。0.3円という文字単価で書いていた記事も今では最初の目標としていた1円に。しかし順調に成長しているという実感はあまりありません。次の目標である一日1万円には程遠く、日々焦りを感じています。確かに以前書いていた記事と比べると品質は向上しているといえます。

 

ですが肝心かなめの執筆スピードが思うように上がらない。いろいろな本や記事を読んで試行錯誤を繰り返していますが、スピードが上がらないという小さな不安はだんだんと積み重なっています。もちろん自分に才能があると思って始めた仕事ではないため、すぐにはなんともならないだろうと思っていました。続けていればどこかではじけるだろうと。何か月かやっていればコツをつかむだろうと。根拠のない楽観的観測をしていたわけであります。

 

ところがどっこい。ナメクジが這うようにしか上がらない技術と目減りしていく貯金を目の当たりにすると、そんな楽観主義は跡形もなく吹き飛ばされてしまうのです。とにかく多くの記事を書かなければならないことだけは分かっているので、ひげや髪がのびのびしてようとひたすらキーボードを叩いています。

 

少し話はそれますが、髪を伸ばすとはげるという噂は本当なのでしょうか。髪の毛が細くて天パなので若干気になります。せめて40歳まではハゲ散らかさずに頑張っていただきたい、そうカミサマに願っております。

 

とはいえ髪の調子も気になるけれど、一番気になるのは筆のスピード向上です。どうすれば上がるのか、何がいけないのか、分析し続けなければなりません。胃がきりきりする日常がしばらく続くのだろうな、などとそんなことを考えた一日でした。

webライターについて

webライターってどんな仕事?

webライターという職業は、web上で利用される記事やコンテンツを執筆・作成する仕事です。その就業形態はさまざまで、フリーランスで活動する方や企業の専属ライターとして活動している方、クラウドソーシングを利用している方など、その働き方には多種多様なものがあります。副業としてwebライターをしているという方も多く、門戸の広い職業であるといえます。

 

webライターに必要とされるスキルはなく、日本語を扱えればどなたでもwebライターとして仕事をすることが可能です。もちろん、稼げるかどうかは文章の質によりますが、求められている文章の質が低い案件であれば、小銭を稼ぐことはそう大変なことではありません。単価の低い案件を数多くこなし、対価を得ているという方もいるため、良質な文章が必須かと聞かれれば、そうでもないといえます。

 

ただし、文章のコピーは厳禁です。近年話題になったキュレーションサイトでは、コピーコンテンツを堂々と掲載していたために、世間からの強い非難をうけました。コピーチェックツールというものもあるため、コピーで手抜きをしようとしても、すぐにばれてしまいます。コピーによって稼げるのではないかと考えられたのであれば、改めることをおすすめしておきます。

 

気になる報酬

職業を語るうえで気になるのがその報酬です。webライターの報酬はどのようなものなのか、簡単にではありますが、ご紹介します。webライターの報酬は、1文字何円といったものや1件何円といった形で支払われます。その内訳はピンキリであり、安いものであれば1文字0.1円、高いものであれば1文字30円といった具合です。

 

報酬の安い案件であれば、クラウドソーシングサイトですぐにでも受注することができますが、報酬の高い案件をうけるためには実績や信用などが関わってきます。初心者webライターが最初にぶつかる壁ともいえるのが、この報酬の安さです。

 

初心者webライターの場合、文章作成には多くの時間がかかります。記事に必要な情報収集や記事の構成、文章の執筆などなど、1時間で100文字も書けないなんてこともざらです。もしもwebライターとして活動しようかどうか考えているのであれば、最初の3ヶ月程度はいくらも稼げないことを覚悟してください。

 

とはいえ、実績と信用を積み、技術を備えることができたのならば、月収50万円というのも可能です。なかには100万円以上の収入を得ているという方もいるため、最初の稼げない期間を乗り切れるかどうかが勝負所といえます。

 

webライターとしての攻め方

webライターとして日の浅い筆者ですが、案件をこなすうちに「こうすればいいんじゃないかな」と思った初期の攻略法をご紹介したいと思います。webライターの仕事内容には数多くのジャンルがあり、最初はどれを選ぼうか迷ってしまうものです。

 

筆者の場合、いろいろなジャンルに挑戦した方がスキルを上げられるんじゃないかと考え、適当に選んだ仕事をコツコツこなしていました。最初のうちは情報収集や文章の構成を考えることなど、初めての作業ということもあって、楽しく仕事をしていました。

 

しかし、知らないジャンルの記事を書く作業は、予想以上に骨が折れたのです。ついでに心まで折れるんじゃないかとも思いました。文章を書くことはそれなりに頭を使いますが、情報さえ揃っていればそんなに難しいことではありません。ですが、情報が揃っていない状態での執筆は困難を極めてしまいます。

 

上記では、webライターの仕事は記事を書く仕事だと言いましたが、本質は情報収集にあります。いくら上手な文章が書けたとしても、タイトルに沿った情報がないのであればゴミ同然です。そして、この情報収集こそが、苦行以外のなにものでもないのです。

 

つまるところ、知らない情報を知ることが好きな方は、いろいろなジャンルに挑戦すれば良いですが、筆者と同じように頭があれな方は、1つか2つにジャンルを絞ることをおすすめします。知識を固めて数をこなすことが、初心者を抜け出す方法であり、高収入への近道なのです。おそらくね。